ひさびさにそでを通した半袖のあらわな肘が冷えて重くて 朔
スポンサーサイト
なにげなく詠んだこの歌穴を掘りマグマを供に灰にしませう 朔
うららかや滑りよくなるボールペン 朔

うららかに猫の肛門あらはなり 朔

薫風や横切る猫にしらぬふり 朔
おぼろ夜や手巻きおにぎり皆百円 朔

曇天やミゾの継ぎ目にハハコグサ 朔
プロフィール

朔

Author:朔
NANTEI様より
「なんちゃって俳人倶楽部」の
バナーを戴きました。
ありがとうございました。


なんちゃって俳人倶楽部

月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ