肩で風を切って
追い抜いていく先に
なにがある?

きみが二十代として
三十年先
五十年先 に
なにがみえる?

そんな未来はしらない?
目先のかじで精一杯?

でもね

みらいはすぐに
過去になるんだよ?
スポンサーサイト
べつに。

書きたくなったら 書く
書けなくなったら 書かない

それだけのこと。
疲れているのか
春の気候に当てられたのか

頑張りすぎたわけじゃなし
病気なわけでもないのだが

ちょいとここらで横になりたい
お願いだから
「ねてていいよ」と
声を掛けてよ

ああいいよ
期待はしてない今までも
先に行っていいから

しばらくここで
休んでいくよ
気が向いたら起こしに来てね
ではおやすみなさい
右に紅梅
左に白梅(しらうめ)
次いでタチバナ咲かせましょうか

如月去ってぬくもりて
枯木に蕾ようやくほころび
そろそろ雪解け近そうな
池の氷も溶けそうな

冬よサラバじゃ私の出番
南の島よりゆる風乗って

小脇に抱えたざるからたっぷり
あの樹この樹と津々浦々に

ついでに桜もさかせましょう

にこにこ顔の爺さんの
名前は誰もがしっている
そうよ私は春の使者
花咲か爺のお出ましじゃ
その気が無いのに文字にするのは
文字に対して失礼ではないか

やる気は無いけど
とりあえず口だけ動かし
歯の浮いた台詞を言うようなもの

気の無い言葉は誰もが気づく
気の無い言葉はノイズと同じ
気づいていても右へ左へ受け流す
気づかれてないと高をくくってるのは本人だけ

ならば

ノイズとなった言葉は
今頃どこに居るのだろう
プロフィール

朔

Author:朔
NANTEI様より
「なんちゃって俳人倶楽部」の
バナーを戴きました。
ありがとうございました。


なんちゃって俳人倶楽部

月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ