ああ、蚤のやうな飛機よ

蚤の中には食はれた人間が数百ほどはゐるか

きっとGから解放されたときに違ひない

安全ベルトを外してスッチーの尻を舐めるやうに

しかも咄嗟に視線を外せるやうに

ゲロ袋を確かめるフリでも考えてゐる最中なのだろうふ

                    作:NANTEI様


ああ、虫よ、蚤の飛機に巣食う寄生者よ

あはれ蚤は、身を食い潰されたあげく棄てられる

それでも空を飛べたのはしあわせなのか

跳躍しか覚えの無い彼をそそのかし

重力に逆らつて飛翔を繰り返させられた傷だらけの機体

YS11はその役目を終え 今

錆びた鉄の格納庫の中で

ひとり、紺碧の夢を見る

                    作:朔


※ NANTEI様ありがとうございました。

なんちゃって俳人倶楽部
スポンサーサイト
プロフィール

朔

Author:朔
NANTEI様より
「なんちゃって俳人倶楽部」の
バナーを戴きました。
ありがとうございました。


なんちゃって俳人倶楽部

月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ