FC2ブログ
わたしが生まれた日は
だれかが死んだ日

あなたが死んだ日は
だれかが生まれた日

わたしが生まれたときは
家族も医者も間に合わず
わたしが地面に叩きつけられないよう
ふしくれた産婆の手に
かろうじて受け止められた

わたしと入れ替わりのだれかは
誰にもみとめられることなく
ひっそりと壌土へ
戻っていった

命の紐は
だれによってたぐりよせられたのだろう
かすんだ幼い日の
あわい水色のワンピースの裾から
ねじれた紐が
わたしの臍へ
確かに
つながっていたような気がするんだ

ならばその身体から引き出された紐は
これから誰の臍へ
つながってゆくのか
確かめられる日が
いつかくるのだろうか

ねじれた紐に書かれた
アルファベットの文字を
順つぎに読み解いて
その一端であれ
見届けたいと思うのだ
スポンサーサイト



プロフィール

朔

Author:朔
NANTEI様より
「なんちゃって俳人倶楽部」の
バナーを戴きました。
ありがとうございました。


なんちゃって俳人倶楽部

月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ