FC2ブログ

宵立ち

手ぶらにて まかりこしたる 道筋を 手ぶらでかえる 夜半の月かな 朔


なんちゃって俳人倶楽部
スポンサーサイト



こんばんは。

この歌、そして前の三首、全て心を打たれました。
決して甘く流れない、切々とした心情。
唸りながら読ませていただきました。

朔さん、きっと溢れる想いに悶悶となさることが多いののではと、推察します。
溢れ、なおも溢れすぎる思いは、短歌がいちばんふさわしいのではないでしょうか。
この魂を揺さぶるような秀作を拝見すると、本当にそう思うのです。

NANTEI様

こんばんは。
有り難うございます!

いやいや、褒められたものではありませぬ。
人目もはばからず「オレはこんなに辛いんだあ!」などと喚いている図は
大人のする事じゃございません(反省)。

どうも気持ちに波があるらしく、
どーんと来たとき見境なく書き散らしてしまいます。
そういうときは言葉数が欲しくなるので
短歌や詩の方がつくりやすいようです。

いや、でも秀歌なんて褒めすぎです;
とても嬉しいです!としか言葉が出ないです。
非公開コメント

プロフィール

朔

Author:朔
NANTEI様より
「なんちゃって俳人倶楽部」の
バナーを戴きました。
ありがとうございました。


なんちゃって俳人倶楽部

月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ