お醤油の焦がるる匂ひ花の雨 朔
花みずきの裏より透けるあおの空 朔
なくした涙はどこにある
離ればなれの友だちは
季節は次々追い越して
もう一度なんて二度と無い

この町に住みはや幾とせ
知らぬ間にしわも増えて
嫁いだ人の知らせもないままに
もう二度と見る日もない

幸せな日々はありましたか
思い出にこもらないでよ
ふとふりかえろうか
元に戻ろうか
また春が来るというのに

永遠はリフレイン
そこにはなにもない
あるのは捨てた後悔と涙だけ

永遠はリフレイン
そこにはなにもない
だからきっといつかくる夢のように
透き通っていくよ

明日会えるかな
名のらずに君は君はとたゆたへて行きつ戻りつ春の白波 朔
モブ衆は散った桜に用はなし 朔

蜜蜂も花筏には見向きせず 朔
プロフィール

朔

Author:朔
NANTEI様より
「なんちゃって俳人倶楽部」の
バナーを戴きました。
ありがとうございました。


なんちゃって俳人倶楽部

月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ